2010年05月13日

電気カフェケトルって

電気カフェケトルってどうかな。

今まで使っていた電気ポットが壊れました。正確には、壊しました。先日はパソコンプリンタが壊れたばかりですが、今回は落下させてしまいました。

そこで、新しい電気ポットを探しています。特に気になっている電気ポットが、電気カフェケトルです。Russell Hobbsラッセルホブス)製の電気カフェケトルです。

ラッセルホブス製は、デザインがかっこいいです。注ぎ口が細口ケトルなので注ぎやすそうです。沸騰1時間後でも自然保温で70度あるので、電気保温式よりも省エネみたいです。電気の節約にもなりますね。ステンレスケトルみたいに、外装も高温にならないようです。卓上に置けるのもいいですね。

ほかの電気ポット比較してみました。メーカーは、象印タイガーティファールです。価格は、5千円くらいから2万円くらいまでありました。

5千円〜1万円は価格が安いのですが、保温が電気保温なので、電気料金が高いです。一方、1万円〜は、保温機能に電気まほうびんが使われているため、電気料金が安そうです。クエン酸洗浄機能もついているみたい。

電気ポットは色々あって迷ってしまったので、そもそも、お湯の作り方から見直すのもいいかも。お湯の作り方は、やかんを火にかける、電気湯沸かし器、電気ポットによる電気湯沸かし、などありますが、最初に戻ってどれがいいかよく考えてみようかな。
posted by コバトシ at 23:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。